《 森惠(Megumi Mori) – 路上の鳥 》


《 森惠(Megumi Mori) – 路上の鳥 》

路上の鳥

Lyricist:松井五郎
Composer:森恵
ビルの影が溢れる
帰り道を探してる靴音
飛び立てる場所さえも
知らずにいる鳥の群れのようだ
そのどこかにいま 私がいる
きっと あの日の私がいる
いつか羽をひろげて
なにができるか試したかった
はじめてひとり
たったひとり
この街で見た
風の行方が どこまでも
続くのなら
仲間たちのアドレス
時はひとりずつ上書きしていく
まだ思い出には 誰かがいる
すっと 逢いたい誰かがいる
いつかなにもない空に
なにができたか伝えたかった
時が止まった
渇いた路地の
向こう側にも
星の光がかならず
見えるのなら
どれだけ来たか どれだけ行くのか
羽ばたいてれば わかるはずだろう
なにもない空に
羽をひろげて
試したいんだ
はじめてひとり
たったひとり
この街で見た
風がまだ先へ
続いてゆくのなら

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

【◎心靈研磨坊 - 曼陀羅藏◎】

《心靈研磨坊 ─ 身心體能極限的突破,放慢步調,邁開腳步,輕鬆地悠遊著....》

%d bloggers like this: